妃 襲武媛

國乳別命の母 襲武媛(そのたけひめ)を私は、宮崎県は日南市

曹子神社(古墳・御墓)とかってに思いこんでおりましたが、綾杉るな先生の過去の

ブログ「弓頭神社(2)襲の姫と、水沼国や火の国の租になった皇子たち」

〔2011-09-07 17:33〕これが、間違いないと思いました。

宮巡 ~神主さんが作る宮崎県の神社紹介サイト~ – 曹子神社(そうしじんじゃ)
gn_lg = {here:escape(‘ここです!’),gmapdisable:escape(‘このブラウザでは、GoogleMapが使用できませ

 

社伝によると皇妃襲武媛命はお伴をされて内助の功をたてられた。皇妃並びに二皇子を祭神とする雑司権現は棟札によると、後柏原天皇の永正三年三月建立され、西支弁分後河内山下にあった。同じく西弁分後谷堂山にあった荻原権現と二社とも安政六年(1859)現在地に遷座合祀したという。
安産、子育ての神として、また開発の神として近郷、近在の住民尊崇が篤い。
曹子とは部屋住みの貴族の子弟の意味だが、『日本書紀』によると、襲武媛の子は、国乳別皇子、国背別皇子、豊戸別皇子三人で国凝別皇子は高田姫との間の武国凝別皇子かとみられる、小碓命は稲日大郎姫との間の第二子で日本武尊の別名である。その間の事情も不明だし、『日向地誌』二社の合祀を明治五年としている。
「お伴をされて内助の功をたてられた。」
つまり、襲武媛の出身地は先生の説の通り、吉野ヶ里遺跡内である。

社務所、祈願受付。お気軽にお問い合わせください。0944-33-2882受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ] FAX:0944-33-2892